大野 恵のブログ


先日の海老名TSUKICAFE幸座で感動した事がありました。

4月からおせっかい家己書道場にご夫婦で参加して下さってる生徒さん。
夫婦二人の新たな趣味をということで、すでに己書を始めていた方からのご紹介で来てくれています。

そこから己書にガッツリハマって、毎月定期幸座を3つずつ参加している出席率の高さ。

当初は、己書独特のぐるぐるーと丸を描くのや左が大きい独特の「の」に楽しさもあるけれど、抵抗も強くある感じがしていました。
今まで描いてきた文字の「常識を壊す」ということへの抵抗ですね。特に、文章が長くなると普通の文字を書こうと戻ってしまうんです。
「こうあるべき」という今までの固定概念から壊すわけですから、人生が長くなるとその分大変です。


でも、先日の幸座で奥様がパッカーンと音がしたように見事にコツを掴んでくれました。
もう練習で描いたのと、本番が違う人間になったのではというくらいの違い。

あまりの一気の進歩に感動しちゃいました。
いつからでも人は成長出来るという事を、こんなにハッキリと見せてもらえるなんて。

描き上がった作品を嬉しそうに見る笑顔を見てるだけで、こちらも本当に嬉しくなります。
師範冥利に尽きますね。


そして、ご主人はお引越しのお知らせの葉書をたくさん沢山練習してきてくれました。

前回の幸座で、引越し葉書に描く文字の相談をされたのでその場で参考にとお渡ししたんです。
それを何度も練習して来て、「どれがいいと思いますか」と見せてくれたんです。
その素直な姿勢と学ぼうという気持ちにこちらまで嬉しくなっちゃいました。

いつからでも人は成長出来るんだと、しみじみ感じさせてもらいました。


もう出来ないかもなんて気持ちにならずに、挑戦してくれる姿勢。
そんなご夫婦の雰囲気が、ほかの生徒さんにも良い影響を与えています。
真剣にお題に取り組む姿。
必ず宿題になった分を仕上げてくる姿勢。
練習で迷っていたのに、清書がどーんと描き上げられるところ。
そして確実な上達と、心からの笑顔。
良い影響しかないですよね。

ありがたいですね。
こんな素敵なご夫婦に出逢えて、その魅力をほかの生徒さんにも伝えられる。

やっぱり己書って楽しすぎます。








  • 師範になるには
  • 参加者の声
  • 道場を探す
  • よくあるご質問