上席師範13期

己書楽歩道場

古田 あゆみ

プロフィール

1964年11月岐阜県関市に中村あゆみ産まれる。5歳違いの兄と父母の平凡な4人家族。1987年1月関市洞戸(旧武儀郡洞戸村)古田家に嫁ぐ。当時は田舎ゆえに地元の商店街が賑わい活気もあった。しかし今では、少子高齢化、過疎化と共にその活気も無くなり若い人達の目は外ばかりに向けられていた。そんな頃、2014年11月友達から己書幸座のお誘い、それが今の平井統括師範との出逢い。その頃の平井先生はもっと細かった。筆文字も柔らかく優しかった。己書初体験で心奪われる思いがした。己書を描く楽しさ、初めての喜びを感じました。その2年後13期生己書師範『楽歩道場』を立ち上げ今現在関市、美濃市、美濃加茂市を中心に幸座を開催しています。
午前中は大型トラックドライバー午後から道場師範として己書の楽しさを皆さんに伝える手助けを日々頑張ってます。

己書の魅力

筆ペンで楽しく描く自分字❗️
己書を体験する事で心の温度が上がった。自分が描いた文字を見て下手なんだけど、何だか心の奥が温かくなった。そしたら自然に笑顔になって、他人にも笑顔を向けるうちにその人まで笑顔になった。己書はみんなを笑顔にする魔法の書!なんだと思う。