道場師範21期

己書福丸屋道場

早川 裕康

プロフィール

(有)カネマス福丸屋 己書福丸屋道場 代表 
1958年生まれ
日本己書道場 21期道場師範
人とのつながりを大切に地域づくりをライフワークにしています。
描いて半分、あげて半分を信条として楽しい教室を心がけています。

己書の魅力

己書の読み方は「おのれしょ」と読みます。
まさに自分だけのオンリーワンの書と言えます。
決してうまくなるのを目的としていません。前向きな言葉や楽しい絵を描くことで自分と向き合い前向きになれるところがいいところ。描くこと自体を楽しむ書です。己書の書き方には簡単なコツはありますが、絶対こうしなければいけないなどというルールはありません。書き方や文字の書き順にとらわれることなく、自らが思うがまま、自由に筆を走らせ、自分の世界観を楽しく表現する新感覚の書、それが己書です。普段は筆ペンではがきに描くのでとっても気軽。ちょっとしたコツですぐに描けるところも素敵です。自由に書くという点からすれば、描く書・読める絵とも言えるかもしれません。
デジタルが主流となった現代において、時代に逆行するかのような時間の中で、自分なりの世界観を創り出す、あっという間の90分間を味わえるのが己書道場です。
「己書」が温もりのあるコミュニケーションツールとして、心のふれあいと絆を生むように、己書道場は活動を続けます。筆ペン1つ持っていればすぐにあなたも己書家です。さぁ、描こう!