7月の己書さな道場では、たくさんの場をお借りして幸座を開催させていただきました。

こちらは小平市役所隣、和食処「くすのき」さん。
とても美味しいお食事がいただけるお店です。
武蔵野美術大学の学生さんたちとつくりあげたとお店は、外装も内装もとっても素敵。
昼の部は、店主さんにもご参加いただきました。

窓からは真っ青な空に真っ白な入道雲。
初めてご参加の店主さんとそのお友達には、そんな入道雲の暑中見舞いを描いていただきました。
「えーーーそうやって描くの?わぁ、簡単!わぁ、楽しい!!」と驚きいっぱいの声が。
リピーターさんは力強い龍や、かわいいカニさん暑中見舞いなどのお題を描いてくださいました。
店主さんからのリクエストで、今日のメニュー「新たまねぎ」の作品も急遽作成。すぐにメニューボードに飾ってくださいました。
次回は他のメニューも作成し、お店のメニューは己書で完成させてくださる予定だそうです!!

この日は幸座後に美味しい手作りチーズケーキとアイスコーヒーをいただきました。
ランチは別日にいただいたのですが、とっても美味しいです♪
次回はランチも一緒の幸座ができたらいいですね。


夜の部では普段お忙しい方々が、お仕事を済ませて駆けつけてくださいました。
素敵なメンバーでお話も弾んでいたようです。
日常では出会わない方ともお話できる魅力を感じた時間でした。
初めてのお二人も、びっくりするほど早く素敵な作品を描き上げてくださり、私もとても良い時間を過ごさせてもらいました。


こちらは小平駅すぐ、多目的ホール「ルネこだいら」です。
大規模コンサートも行われるこの会場の、会議室を利用させていただきました。

取締役会でも行われそうな素晴らしいお部屋で、この素晴らしい肘掛け椅子をご覧ください!
いつもとはまた違った雰囲気で楽しませていただきました。

この日は遠方から来てくださった方々もいらして、うれしい限りです。
皆さん、個性溢れる、アレンジを効かせた素晴らしい作品を仕上げてくださいました。

ルネこだいらはアクセスもとても良いので、また開催させていただきたいと考えています。


こちらもアクセス抜群、萩山駅徒歩1分のハンドメイドショップ「くらりす」さんです。
店主さんセレクトのハンドメイド作家さんの作品がたくさん飾られていて、ついつい見入ってしまう素敵なお店です。
こちらでは毎月第四木曜日に開催させてもらっているのですが、いつもご一緒の方々が仲良くなってくださって、とてもうれしい気持ちになります。
くらりす店主さんによるガラスアートワークショップの案内もあり、予約されていた方々も。
そんな楽しいことの連鎖もうれしいお店です。

7月は午前が満席になったので午後も開催、とても賑やかで楽しい時間となりました。
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。


こちらでは紹介できませんでしたが、小平市中央公民館、東部市民センターでも毎月開催させていただいております。
たくさんの方々にご参加いただき、本当にうれしく思っております。
これからもたくさんの楽しいお題で、良い時間をご一緒できたらうれしいです。
いつも本当にありがとうございます!!感謝!!!!



6月の幸座では、「雨」の文字を中心にみなさんに描いていただきました。
こちらの写真は、Yさんがご自宅で撮って送ってくださいました。
美しいお庭と己書のコラボ、とっても素敵ですよね♪♪

己書は描くその時の時間を楽しんでいただければ、それだけでとてもうれしいのですが、こうして描いた後もみなさん思い思いに楽しんでくださって、感激してしまいます!!

「雨過天晴」この言葉のように今のこの状況が過ぎ、早く晴れ晴れとした世界になって欲しいと思いこのお題をご用意させてもらいました。


いつもそれぞれ好きなお題を選んでいただくのですが、今月はみなさんにまずこのお題を描いてもらいました。「のんびりかたつむり」、己書は「の」が特徴的で「の」がキマルと作品もグッとしまります。が、意外といつもの「の」に慣れすぎてしまい、己書の「の」が思うように描けないという声が多く。実は私もそのひとりでした。でもこの「のんびりかたつむり」のおかげで、かわいい「の」のコツが掴めました。みなさんはどうだったかな?


その他、「雨」の色紙お題にも取り組んでもらいました。
みなさんそれぞれ個性が溢れていて、素晴らしい作品に仕上げてくださいました。


絵のお題は「あじさい」「でんでんむし」「雨宿りする猫ちゃんカップル」、色のにじみやちょっとおもしろい小道具を使って描く雨など楽しんでもらいました。

来月は、いよいよ暑中見舞い!お楽しみに♪


字のお題:長田敦上席師範、渡辺健二上席師範
のんびりかたつむり:中村千鶴子師範
雨の色紙:長田敦上席師範
雨宿りの猫ちゃん:京井みね子上席師範
紫陽花、でんでんむし:渡辺早苗
(一部変更あり。承諾済)



5月はバラ、クローバーのお題が人気でした。
「文字を描きたい!」とおっしゃっていた方も、
「やっぱりバラが描きたくなっちゃった」と変更されていたり。

こちらのバラのお題は、誰でも本当に簡単に描くことができる
オススメお題です。
「お誕生日カードとしてプレゼントした」
「最近会ってない方へ送った」
などという声を聞かせてくださいました。


四つ葉のクローバーやてんとう虫、青い花も
幸せいっぱいな雰囲気で
「かわいい!」の声が上がっていました。


文字は童謡「ふるさと」や、「雲」、「信念」などのお題を。
「いつも硬い感じになってしまう」とおっしゃられていた方も
面相筆を使うことで、柔らかい仕上がりになりました。
ふるさとへの想いが、字に表れたのかもしれません。


今月も、初めてさんがたくさん訪れてくれました。
特に今月から始めて、4回通って下さった方は
「一文字シリーズ」など、素晴らしい仕上がりで
もう「己の字」が出来上がっていらっしゃるなぁとうれしいです!!


来月は6月らしく、紫陽花、かたつむりなどのお題、
そして「雨」の文字などを描いていく予定です。

参考(一部アレンジあります)
バラお題:京井みね子上席師範
クローバーお題:田中美智子師範
文字:総師範、京井みね子上席師範、長田敦上席師範、佐藤薫上席師範



4月さな道場では、5月に向け端午の節句お題を描いていただきました。
こいのぼり、兜、菖蒲など日本文化を楽しむことができました。(お題は佐藤薫上席師範より)

ご自宅でお孫さん全員分の色紙を描かれた方、こいのぼり色紙の画像をお知り合いに送った方もいらっしゃり、それぞれ幸座で学んだことをそれぞれの生活で楽しんでいただけているようです。
そういう報告を聞くと、とてもうれしくなります。


生徒さんのご自宅の様子


初めてさんもたくさんいらしてくださいました。
初回の2時間で仕上げていただいた作品です。
みなさん、とても素敵に描いてくださいました。


プライベート幸座では、リクエストお題を。
ふくろうが描きたいというご要望には童話「ふくろうのそめものやさん」。
あと2枚で童話が完成します。
京井みね子上席師範の素敵なお題です。
ご自宅で飼われている猫ちゃん、童謡「おさるのかごや」のリクエストも。

幸座は換気に注意し、ゆったりした席で感染対策をして行っています。



武蔵村山市「みんなのおうち」で「己書で描く命名書」イベントを行いました。
武蔵村山市子どもカフェ事業、広いお庭もある古民家をそのまま子どもと保護者に解放してます。
お庭にはブランコやツリーハウスがあり、室内は畳の広いお部屋が長い廊下でつながる素敵な空間。
代表の原田妙子さんは、なんと私の小学校同級生の奥様というご縁。
コロナ自粛でイベントも二度の延期となりましたが、ギリギリ2020年度最後の日に開催することができました。

日頃、子どものお世話で自分の時間がなかなか持てないママさん達ですが、お子様を預けて書に集中。
短い時間で初めての己書ということで、命名書まで描きあげられるか心配もありました。
始めてみると、「むずかしーー」とおっしゃっていたのが、書き順を逆に書く逆書きをお伝えすると「たのしーー」と興奮の声に。見事な命名書を完成させてくれました。

せっかくの自分時間なのに、結局子どものものを作ってしまう、それが母なのですよね。
皆さんの愛情たっぷりのお名前に、感動しました。