道場師範26期

開運香月己書道場

小田 香代

プロフィール

●1977年 冬
伊豆半島は函南町生まれる
中学2年生の時に愛知県小牧市に転校
名古屋市の商業高校、専門学校を卒業後は建物管理会社に勤務
転校での疎外感と管理会社での孤独死などを経験し、人とのつながりの大切さ、心の持ち様などを
強く考えるようになった。
●2008年 冬
静岡県に戻ってからは、あらためて伊豆の素晴らしさを実感。
地域に貢献できる活動ができないかとの思いで、ご縁のあった下田市のお話ボランティア童に所属。
●2019年 冬
己書に出会い、心を結ぶ己書の楽しさにのめりこむ
同年12月師範になり、幸座を開始
●2020年春
お教室は 12講座開催 のべ39人に達する

もう一つの顔「かたリスト」
日本の心、昔ばなしや伝記を語り継ぐ、語り部や読み聞かせ、紙芝居などの活動もしています。
街頭紙芝居などの活動の時に、書に触れる、見る機会が子供たちにあれば、デジタル以外に興味をもつ人が一人でも増えると思いました。
デジタルが悪いというわけではありませんが、ライブに触れる機会も、身近にもっと増やしたいという思いがあります。

己書の魅力

わたしでも味のある字が描けた!
感動とわくわく
自分の気持ちを人に伝えられる楽しさがいっぱいの己書。
己書は私の心、みんなの心を伝える最高のコミュニケーションツールだと日々実感しています。